ワイドパンツの着こなし!身長が低い人と、身長が高い人での違い

ワイドパンツの着こなしは、身長別に素材や丈感を考えて、コーデを組むのがスタイルアップのポイント。

 

レディースのワイドパンツのベージュパンツと、白パンツを例にあげて説明します。

 

ベージュのワイドパンツの着こなし方

身長が低い人は、ハリのある素材を選び、センタープレスで縦長ラインを強調します。身長が高くなるほど、揺れ感のある素材が好相性。

 

小柄な人におすすめは、シンゾーンのハイウエストでセンタープレス入りの美脚見えパンツ。ノースリトップスをきちんとインして、大人っぽく着こなします。

 

身長が高い人は、いかつく見えないように、揺れる素材を選ぶのが重要ポイント。

 

ビームスのスカート見えするパンツは、揺れ感に加えてフェミニンな丸みシルエットで、背の高さを感じさせない優しい雰囲気にしてくれます。

 

白のワイドパンツの着こなし方

身長が高くなるのに合わせて、ワイドパンツの丈は短くします。

 

低めの身長なら、地面につくぐらいの丈感シルエットで、Iラインを作ることが大事。ボトム以外を黒にして、トップスインのスタイルで、丈長の羽織りもので縦長ラインを際立たせます。

 

身長が高い人は、足首丈のワイドパンツに、ゆったりしたシャツを首もとを開けて着ます。袖まくりもして肌を見せることで、大人っぽい抜け感がだせます。

 

170センチ以上の高身長なら、短丈の白パンツに、水色のノースリトップスで爽やかな配色と肌見せをし、高身長の威圧感を軽やかにカバーします。